紫外線がシワの原因になる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
紫外線 シワ 原因

正しい紫外線の知識を身につければ、シワの無い綺麗な素肌に

冬だからと言って、紫外線対策を油断してませんか?実は、紫外線に含まれるUV-Aという物質。これが肌のハリを奪い、シワを作る要因と言う事が分かったのです。室内で仕事している人の方が、歳を重ねてからシワが出来にくい!と言われるのも、これが理由です。

紫外線に含まれる3つのUV シワの原因になるのは?

シワ 紫外線

紫外線には3つの種類があります。A波、B波,C波の3種類です。この内、C波は、オゾン層に吸収され、地表には届きません。地表に届くのは、A波とB波の2つです。

 

紫外線A波とB波の内、シワと関係あるのは、A波。つまり、UV-Aになります。このUV-Aが、シワの原因になるのです。

 

知っておくと便利!SPFとPAの2つの違い

ここではUV商品に必ず記載されている2つの文字「SPF」と「PA」について説明したいと思います。

SPFはサン・プロジェクト・ファクターの訳で、和訳すると紫外線防御指数と言う意味です。これはUV-B波に対しての防止効果があります。紫外線を浴びた時、赤いポッチ(シミ爆弾)ができるまでの時間を長くする効果があります。

通常、SPFは20とか30の数字で表されますよね?これは、肌を保護して、防御する時間の事で、赤い染み爆弾ができるまでに、通常10分かかる人が、SPF 30の日焼け止めクリームを塗れば10分 × 30倍で300分、約5時間の保護効果があると言う意味なのです。

シワ 紫外線

現在、日本には多くの製品ありますが、この指標は必ず表示されているので、よく理解して選ぶことが大切になります。

 

シワの原因になるはA波!PAとは?

PAとは、(プロテクション グライド オブ UVA)の略です。SPFに対し、こちらはUV-Aを防御する指標になります。PAは、肌が黒くなる、つまりシミになるのを防ぐ効果があります。

また、肌のハリは、内部にある「弾性繊維」という組織が関係しています。これが不足すると、ハリのない肌になってしまうのですが、紫外線に含まれるUV-Aは、この「弾性繊維」を破壊します。

PAには、このUV-Aが、肌に入り込むのを防ぐ効果もあるのです。つまり、PAが高い商品を塗ることで、肌を紫外線から守り、シワのできにくい肌になるということなのです。

【PAを含むUV製品選びの目安】

+ ・・・日常の生活(散歩や買い物)に対応製品
++ ・・・長時間の外出、スポーツに対応した製品
+++ ・・・海水浴やスキーなどレジャー活動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*